埼玉県民にとってレアな私鉄と言えば…

色々、思い浮かびますね。

秩父鉄道? 上信電鉄? 銚子電鉄? 小湊鉄道? 夷隅鉄道?・・・

 

地元じゃメジャー、他所ではマイナー。

そんな電車の代表格(?)

相鉄(相模鉄道株式会社)に乗ってきました!

目的は、「乗ったことのない私鉄」でも「名前はみんな知っている」そして「確実に沿線住民の足」何より「近郊の鉄道系グループ企業」。

 

要は!東京都内のターミナル駅に乗り入れていないにも関わらず、沿線から離れた土地までその鉄道名がとどろき、且つ採算が取れる路線である(母体が黒字)ということ。

 

まずは・・・

 

ホームタウン、川越Stを出発。和光市より先、もぐっていきます。

中目黒で伊勢崎線70000系にばったり。

「日比谷線13000系も会えるかな?」

 

そんなこと考えてたらもう乗り換え、横浜だ。

 


Fライナーありがとう。またあとでね。

 

さあ、西口からジョイナスを突っ切って…今回目当ての相鉄線乗り場です。

 

「どこまで行こうか?」

「終点、海老名」

「いずみ線、終点、湘南台」

ですよね。でも今回は時間の関係上、二俣川でお願いします…

 

「相鉄」横浜駅。

予想どおりと言えばそうですが、驚きました。

これが東京都内以外に接続する駅の実力なのか!

↑意味わかりますか?

横浜を一地方と仮定するなら、東京・名古屋・大阪といった大ターミナルでない駅での市場価値のあり方…

なんて戯言はおいときますね。

 

「終わりは始まりでもあり、始まりは終わりでもある。」BYタモリ

 


10000系がお出迎え。

 

ちょっと分かりにくいですが、3代揃い組。

 

今回、新7000系に乗れました。

見えますか?日立さんの30年選手です!

だから…

 

初めて見た!!

パワーウィンドウです!

バブリー!

 

思い起こせば30年前、この新7000系は数多の老若男女を乗せ、朝は会社へ、夜はディスコへ行く人々を幾度となく運び、そして今、何事もなかったかのように横浜駅に佇むその光景からは、『情緒』という言葉以外見つかる筈もありません…

 

                                                 前編<終>ーつづくー

                                                    文責:運転士Ⅿ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM